浜辺の花火


お客様の夕食後の片付けをしている頃

色とりどり、いっぱい詰まった花火を

ぎょしり握りしめ、子供達が夜の浜辺へと駆け出していきます。

後ろから水バケツを持ったお父さんが

〇〇くん、走らない、走らない

こんな光景が勝手口からよく見られます


月夜に照らされた小波の向こうには

白銀の漁火が輝いています。✨✨


何十年たっても、この楽しかった

海での1日を子供達は

覚えているんでしょうね

勝手口にバケツを返しにきた

若いお父さんに、お父さんは元気にしてる?はい、最近は足痛い〜とか

ゆーてますわ(笑)


私がこの仕事をしていて

嬉しさを感じる一時です。